◆ Q & A ◆

皆さまのご質問にお答えします。 お問い合わせ

お豆腐 揚物

お豆腐についてよくいただくご質問は下記の質問です。

1. 豆腐の製造に使用している水は水道水ですか 

2. 「アサヒコおいしい絹」は他の豆腐に比べて賞味期限が長い(60日)ので買い置きができて重宝していますが、何か工夫されているのですか? 

3. 絹ごし豆腐と木綿豆腐は、どのように違うのですか? 

4. 寄せ豆腐は、どのような豆腐ですか?  


5. 原材料表示にある「消泡剤(グリセリン脂肪酸エステル)とはどのようなものですか? 


Q&A TOPへ ページTOPへ


1.

豆腐の製造に使用している水は水道水ですか?


地下水を使用して製造しております。
地下水は、災害や地表からの汚染の影響を受けにくく、地下50メートルから採取された水は水道水に比べ、放射能汚染の危険性は明らかに低いとされております。
当社豆腐工場では、深井戸(全工場50メートル以上)から汲み上げた水を豆腐製造に使用しております。


Q&A TOPへ ページTOPへ

2. 「アサヒコおいしい絹」は他の豆腐に比べて賞味期限が長い(60日)ので買い置きができて重宝していますが、何か工夫されているのですか?

本品を製造している安曇野工場では、牛乳などと同じ加熱殺菌方法によって豆乳を無菌状態にし、衛生レベルを保ったまま容器に充填しております。
したがって保存性を高めるための保存料等を使用せずに冷蔵条件(10℃以下)で2ヶ月間の賞味期限が可能になりました。

Q&A TOPへ ページTOPへ

3. 絹ごし豆腐と木綿豆腐は、どのように違うのですか?

木綿豆腐は、豆乳に凝固剤を添加し凝固させたものを崩し、布を敷いた型箱に盛り込み、圧搾、成型したものを所定の大きさにカットしたものです。キメがやや粗く、布目や型のあとが残っているものもあります。(なお当社の場合は、水切りに布は使わず、衛生面に配慮して小さな孔を開けたステンレス製の型箱を使用しています。)
絹ごし豆腐は濃いめの豆乳と凝固剤を型箱の中で混合し、全体を均一に凝固させ、そのまま所定の大きさにカットしたものです。キメが細かく、ソフト感があります。

Q&A TOPへ ページTOPへ

4. 寄せ豆腐は、どのような豆腐ですか?

豆腐を固めることを「寄せる」といいます。水さらしをせず、出来立てを温かいまま容器に詰めて密封し、冷却しております。そのため味が濃く、やわらかふんわりした口あたりの豆腐になります。手馴れた従業員が容器ひとつひとつにおたまで丁寧に盛り込んでいます。

Q&A TOPへ ページTOPへ

5. 原材料表示にある「消泡剤(グリセリン脂肪酸エステル)とはどのようなものですか?

豆腐製造時に豆乳を加熱する際、豆乳が泡立つのを抑えるために使用します。また、この消泡剤は加工助剤と言って最終的にはほとんど残らず、製品に影響を及ぼさないものです。グリセリン脂肪酸エステルは食用油脂とグリセリンを反応させて造ったもので、乳化剤として広く用いられているものです。

Q&A TOPへ ページTOPへ

All Rights Reserved, Copyright(C) 株式会社アサヒコ